森で「あそぶ」「まなぶ」「むすぶ」

福井県池田町から、あなたに伝えたい「森」のお話。byツリーピクニックアドベンチャーいけだ

山の掟「寝床は孫にも教えるな」って?

ファームハウス・コムニタのみかこさんからこんなお話を聞きました。

 

「池田のおばあちゃんたちは、 寝床は孫にも教えるな って言うんや。」

 

寝床とは山菜の採れる場所のこと。山菜の採れる場所は孫でも教えてはならないのは何故か。それには、山に入る時の暗黙のルールが関係しているんだとか。

 

 山に入るときの暗黙のルール

・山に入って、ゼンマイが5本生えていたら3本抜いて2本残す。

・山菜をとる時は根まで採らない。

・山菜の根っこは植えて帰る ・・・・などなど

 

このルールを知らずに山菜を採ってしまうと、山が荒れていく一方だと言います。みかこさんは過去に同じ場所でヨモギを採り続けた結果、年々小さくなっていくのを経験したそうです。孫でも教えてはならない理由は、山のルールを知らずに山に入る人を無くすため。山の資源を守る為なんですね。

(みかこさんが先日山菜採りに出かけた所、ふきのとう、こごみなども小さくなっていたそうです。長年山に入っている方々も口々におかしいと言っているのだとか。温暖化が原因で山菜が小さくなる事も多いにあるようです。)

 

山を守るために、池田町民がしていることはまだあります。地域ごとの一斉清掃です。

各月決まって朝8:00に、道路を清掃する町民の列を何度も見かけます。

「池田町のおじいちゃん、おばあちゃんが手入れを辞めたら

池田町のこの景観は荒れるやろう。」 とみかこさん。

 

池田町の綺麗な景観があるのは、町民が山や地域を大切に手入れしているからなんですね。

 

このお話を聞いて、私はふと水仙が浮かびました。水仙も人間の手が入るからこそ、生きていける植物です。

ファームハウス・コムニタの周りにもたくさん生えていたね。

水仙は元々日本にはありませんでした。中国の人が船で日本へ運んできたり、遠くの海から日本に流れ着いたりしたのではないか、と言われています。

どちらの説にしろ、なぜ海岸から離れた池田町にも水仙は生えるようになったのか?

 

「タネを飛ばして、勝手に生えるようになったんじゃないの?」

と思うかも知れませんが私たちがよく見る水仙は球根で増え、タネは作りません。

 

「動物が球根を食べ、遠くに移動した時に糞と一緒に排出されて成長した?」

でも、水仙には毒があります。好んで水仙を食べる動物はまずいません。

 

ということは、池田町に生えているの水仙はすべて人間が植えたことになります。

水仙が日本に到来した安土桃山時代から今に至るまで、どこかのタイミングで池田町に暮らす人々が植えた、と推測できます。(1300年には、池田町に48の村ができていたようです。)

 

なにもない場所で、ぽつんと咲く水仙

昔むかしそこに人が住んでいた名残かもしれません。

ぽつんと咲く水仙

今私たちが見ている風景も

この地に人が住んできたからこそ見れる景色なんですね。

 

【参考文献】

財団法人相模市みどりの協会 園芸豆図鑑vol11 水仙 川崎矩夫 2022.4.19閲覧.

https://www.sagamiharashi-machimidori.or.jp/img/uploads/3/suisen.pdf

 

池田町誌 池田町 1997 第三章各区の歴史(p769-957).

 

デジタルアーカイブ福井 2022.4.21閲覧.

慶弔時代に書かれた「福井県」の村の地図。

池田町がどこかわかるかな?福井県立図書館では、福井県の昔の資料をデジタル化して誰でも見れるようにしているよ。

 

コッコ🐔

www.library-archives.pref.fukui.lg.jp

第1回 野草摘み 

2022年4月16日・18日

3期生のいけだ農村がっこうが始まりました!第1回は野草摘み。

野草の達人、凪さんの案内について歩きます。

f:id:treepicnic:20220418091607j:plain

ヨモギは葉っぱの後ろが白いね。

f:id:treepicnic:20220418095703j:plain

スイバ(吸うと酸っぱい野草)を吸ってみると… 「酸っぱくない!」
雨が降ったばかりだからかな。酸っぱくなかったね。

f:id:treepicnic:20220418095515j:plain

ヨモギだ! 教えてもらわなくてもわかるようになったね。

f:id:treepicnic:20220418111101j:plain

「なぞのおおきな森」の探検。ここにも野草が…!

f:id:treepicnic:20220418113842j:plain

橋を渡れるか挑戦だ!

f:id:treepicnic:20220418111028j:plain

スミレ見つけた!

池田町の桜は、この日がちょう見ごろでした。

f:id:treepicnic:20220418110940j:plain

花びらも食べれるなんて知らなかったね。

ここだけでしか教えてもらえない野草の事をたくさん聞けました。

午後はファームハウス・コムニタに移動。米粉バーガーをいただきます。

f:id:treepicnic:20220418092051j:plain

大豆のパティと米粉のバンズ。農村がっこうの為だけに作ってもらいました。

f:id:treepicnic:20220418095431j:plain

いただきまーす!

お腹いっぱいになったら子ども達は探検へ。右にいく?それとも左にいく?

たった2択の選択だけど、皆の意見はバラバラに。でも全員でどちらか1つを選ばないといけない。じゃあどうする?

しばらくして、「じゃんけん」「多数決」「左に行ってみて、何も無かったら右に行く。」など発言してくれるお友達がいました。

じゃあそうしよう。と自分たちで出した方法で、皆で1つの意見をきめる事ができました。

 

この道をえらんだからこそ、見つかるモノがあったね。

f:id:treepicnic:20220418113807j:plain

ダンゴムシ見つけた。かわいい~

f:id:treepicnic:20220418095600j:plain

どんぐりの中身発見。ちょこっと根っこがでてた。

f:id:treepicnic:20220418095633j:plain

ヘビ見つけた!「ざらざらしてた。」「ぬるぬるしてた。」「血が出てた。」「車に引かれたのかな」「トンビに食べられたんじゃない?」色々な意見がどんどん出てくる。

f:id:treepicnic:20220418111001j:plain

「ダム見つけた!」 土砂崩れを防ぐための砂防もありました。
たくさんのゼンマイが生えているのを指を差して教えてくれたね。

f:id:treepicnic:20220418112852j:plain

動物の骨発見 「ちょっと貸して。」「いいよ。」

f:id:treepicnic:20220418112906j:plain

橋を渡って…

f:id:treepicnic:20220418112837j:plain

川まで下りれた!しばし川遊びタイム・・・。

そのころ大人は、みかこさんによる「ヨモギのおはぎづくり」

f:id:treepicnic:20220418110309j:plain

ヨモギを湯がく時は、根っこの茶色い部分は取り除く。
重曹をいれると、緑が鮮やかになるんですって。

f:id:treepicnic:20220418115931j:plain

ヨモギを練りこむ。

f:id:treepicnic:20220418115909j:plain

探検を終えて、大人がつくったおはぎをパクリ。お味はいかが?

来月もまたいっぱい遊ぼうね!

 

レシピメモ📝

もち米は、5号に塩大匙1入れて炊く。

湯がいて、茎が軽く指でつぶせる柔らかさになればOK。

1・2時間水に浸して、あく抜きする。

すりつぶしてミキサーにかける、または拡販する。

炊き立てのもち米と処理済みのヨモギをすりつぶしながら混ぜる。

 

コッコ🐔

 

 

2022年度 いけだ農村がっこう始まるよー!

2022年度いけだ農村がっこうが始まるまであと少し。

今年は39組91人のご家族にご参加いただきます。

スタッフ一同、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

いけだ農村がっこう4月の達人さんは『なぎささん』です。

f:id:treepicnic:20220402162052j:plain

野草の達人 なぎささん

自然療法に興味があったことをきっかけに、野草のことに詳しくなり

今では小学校で山菜の野外授業を行ったり、野草をつかった「野草クッキー」を販売したりしています。

f:id:treepicnic:20220402155802j:plain

町の駅こってコテいけだで販売中。



そんな凪さんが「春が来る!」と思わずワクワクして、ついつい探してしまうのが

 

「オウレン」

f:id:treepicnic:20220402162750j:plain

ツリーピクニックアドベンチャーいけだでも生えていました(3月31日撮影)



春一番を告げるお花です。

雪どけて間もなく、花を咲かせるちっちゃいお花。

ですが、根っこには漢方として胃炎を治す作用があります。

凪さん曰く「オウレンの根っこを収穫するのは、秋や冬。」だそうです。

 

なぜかというと…

 

葉をいっぱいに広げて酸素と栄養を吸収🌱

         ↓

吸収した栄養がどんどん根っこに蓄えられる。

         ↓

秋や冬には栄養たっぷりの根っこになる。

 

オウレンに限らずタンポポ珈琲など根っこをつかう植物は秋や冬が収穫時期なんですって。

凪さんの話を聞くと、いつも見る景色がちょっと変わって見えてくるようです。

コッコ🐔

蟹虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

こんにちは。いかがお過ごしですか?🌸

本日の暦は「蟹虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」です。

冬にじっと春を待っていた動物たちが、日差しの中にでてくるころ。

まだ雪の残る池田町では、鹿🦌やムササビなど生き物の足跡や手形が雪の上に残っています。

 

f:id:treepicnic:20220306162125j:plain

 

まだまだ雪の残るツリーピクニックアドベンチャーいけだですが、

なんとフキノトウが出始めました。

 

樹の周りに生えるフキノトウは格別に美味しいんだとか。

 

地面の上にはたくさんの人が住んでいますが

地面の下(土の中)にはそれと同じくらい・・・

それ以上にもっともっとたくさんの生き物がすんでいます。

f:id:treepicnic:20220306162442j:plain


それは人間の目には見えない微生物です。

樹の根っこの部分にもたくさんの微生物が住んでいて、

栄養を吸ったり出したりして樹の成長を助けています。

美味しいフキノトウは、微生物さんがつくってくれた栄養をちょこっともらっているのかもしれませんね。

 

スタッフこっこ🐔より春の便りでした。

特別開催‼【3期生の追加募集を行います】

 

今回、第3期生のお申込みが殺到し、予約公開日には定員がいっぱいになるという嬉しい状況になりました。それとともに、ご興味をもってくださっていた方々にお届けできないもどかしさもあり、スタッフ一同話し合いを重ねた結果、2022年度 いけだ農村がっこう3期生の追加募集をすることに決まりました!

(⇒ただいま満員御礼の為、受付を終了致しました。)

 

 

【日時】2022年4月~2023年1月(月1回、土曜日)

【対象】年長児~小学2年生のお子様と保護者とのペア

【募集組数】15組(先着順)

 

【プログラムの流れ】

 10:00     集合・始まりの会

 10:30~12:00 親子でメインの活動

 12:00~13:00 昼食(池田町の食材を使った心と身体に良いお食事を提供します。)

 13:00~14:30 子どもたちはスタッフと探検へ

        保護者の方は子どもと離れて、好きな時間をお過ごしください。

        (保護者向けのプログラムを予定している回もあります。)

 14:30~15:00 終わりの会

 (※タイムスケジュールは目安です。)

 

 

年間のプログラムはこちら↓

f:id:treepicnic:20220227130037j:plain

f:id:treepicnic:20220227130101j:plain

【年間参加費】

親子ペア 77,000円(税込) 年間10回分

※対象年齢内のお子様1名につき、年間35,000円(税込)で追加で参加可。

※ご家族・親戚2組目は、ペア70,000円(税込)で参加可。

 

付き添い (乳児~4歳児)無料/食事なし。

     (小学3年生以上~大人)年間33,000円/午前のみ体験可。食事あり。

 

 

【よくあるご質問Q&A】はコチラ↓

【Q&A】(3期生募集) - 森で「あそぶ」「まなぶ」「むすぶ」

 

【お申込み方法】

①LINE登録⇩

https://line.me/R/ti/p/@991erxjf


②お申込みフォームに入力→送信

※お申込みフォームは、2022年3月6日(日)9:00にLINEで配信致します。前日の3月5日までにLINE登録を行うようお願い致します。

※万が一10組集まらなかった場合は、開催を見合わせていただく可能性があります。

完了後、LINEにてメールをお送りいたします。募集組数を超えた場合は、お受けできない旨のメールをお送りいたしますので、その際はご了承ください。

 

 

ツリーピクニックアドベンチャーいけだ 

TEL: 0778-44-7474   /   MAIL:  info@picnic.ikeda-kibou.com

 

【Q&A】(3期生募集)

よくあるご質問

 

Q.1組は何人までですか?

A.体験されるお子様1名と保護者1名の合計2名までとさせていただきます。

 

Q.母である私が参加できない時は、代わりの大人が参加しても良いですか?

A.はい。

お子様と一緒に体験していただける方でしたら、ご祖父母や親戚の方でもかまいません。

 

Q.大人1人で子どもを2人連れて、参加したいのですができますか?

A.できます。

乳児~4歳児の付き添いは無料です。安全確保はお連れの方にてお願い致します。 また、昼食については、各自ご用意ください。

参加ペア(対象のお子様と保護者の方1名)以外のご家族が参加する場合、5歳児~小学2年生のきょうだいさんは、お一人35,000円で全プログラム体験ができます。

対象年齢外(小学3年生以上~大人)の付き添いの方は、お一人33,000円で午前のプログラム体験及び昼食をご一緒していただくことができます。

 

Q. 子どもだけで参加しても良いですか?

A.お子様は、必ず保護者または成人の方と一緒にご参加ください。

また、親子の体験プログラムですので、大人のみの参加はご遠慮くださいませ。

 

Q. 午後の子どもの探検に、保護者がついて行っても良いですか?

A.お子様たちだけの空間で楽しんでいただきますので、基本的に保護者の方はお断りしています。

 

Q. プログラムと別の日に体験させてもらうことはできますか?

A.基本的にはプログラムの日のみです。

 

Q.参加ができない回があるのですが、割引きはありますか?

A.基本的に割引きはありません。

 

やむを得ない理由で退会をご希望の場合は、以下の通りとさせていただきます。

・8月中まででしたら、1組38,500円(税込)、2組目35,000円(税込)

対象内のお子様は1名17,500円(税込)、対象外の付き添いの方は16,500円(税込)をご返金致します。

・それ以降の払い戻し手続きは致しかねます。

 

Q. 雨天の場合はどうなりますか?

A.雨天決行です。レインウェアをご持参ください。雨の森も楽しいですよ!

 

Q. 台風など悪天候の場合はどうなりますか?

A.警報発令時や台風など危険を伴う恐れがある場合は中止、または延期致します。

決定次第ご連絡させていただき、中止の場合、1組7,000円(税込)をご返金致します。尚、中止によって発生する交通費等は、お客様負担となりますので、予めご了承ください。        

 

Q. 新型コロナウィルスの感染が心配です。何か対策をしていますか?

A.スタッフはマスク着用、設備等は定期的に消毒を行い、衛生強化に努めています。また、フィールドは野外ですので、常に換気された空気環境にあります。

ツリーピクニックアドベンチャーいけだのHPにあります、『感染症対策の取り組みにつきまして』https://picnic.ikeda-kibou.com/info1/もご覧ください。 

 

Q. どんなことをするのか見てみたいのですが…。

A.ツリーピクニックアドベンチャーいけだの営業日でしたら、見学していただいて結構です。事前にご連絡いただきますと、担当のスタッフがご案内することも可能です。

 

Q. いけだ農村がっこうのスタッフはどんな人ですか?

A.「自然が好き」「生き物に詳しい」「保育の経験がある」など、様々な分野に精通したスタッフが携わります。また、里山の暮らしや食文化については、町民の方に講師をお願いしています。参加していただく方の挑戦したい気持ちに寄り添う素敵なスタッフばかりです。

 

Q.参加すると、どんな結果が出ますか?

A.昨年度参加していただいたすべての保護者の方から『子どもの主体的に取り組む姿が見られた』とご回答をいただいております。

他にも、「子どもが積極的に意見を言えるようになった」「やりたいことに積極的に挑戦する姿が見られた」など、ご意見をいただきました。保護者の方もお子様と一緒に思いきり楽しむ気持ちさえ持っていただければ、お子様の心身の成長を肌で感じていただけることでしょう。

 

Q. 参加費の支払い方法を教えてください。

A.現金、またはキャッシュレス決済(クレジットカード、PayPay)でのお支払いが可能です。クレジットカードは1回、もしくは2回払いのお取り扱いです。

初回の日に全額をお支払いください。1組分は分割にて38,500円のみ(2組目35,000円のみ)のお支払いも可能ですが、残りの金額は8月中までにお支払いをお願い致します。

 

Q. 返金方法を教えてください。

A.ツリーピクニックアドベンチャーいけだのフロントにて、現金で返金致します。ご足労をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

Q.領収書はもらえますか?

A.はい。

フロントにて発行させていただきます。必要時はお手数ですが、お申込み後に弊社フロントへご連絡をお願い致します。

 

Q.申し込みはどうしたら良いですか?

A.いけだ農村がっこうのLINE登録をしていただくと、お申込みフォームが届きます。そちらに必要事項を入力してください。お申込み後、受付完了のメールをお送りいたします。先着順ですので、募集枠の15組を超えた場合、お受けできない場合もございますが、ご了承ください。

 

※満員御礼【2022年度 3期生募集を開始いたします‼】

f:id:treepicnic:20220204172831j:plain

f:id:treepicnic:20220204172850j:plain

 

※募集定員に達しました為、第3期生の募集受付を一旦終了致します。どうもありがとうございます。

「農村がっこうの様子やお知らせをすぐ知りたい!」という方はぜひLINE登録をおすすめ致します。(配信は月1回程度です。)

 

2022年度 いけだ農村がっこう3期生を募集します!

【日時】2022年4月~2023年1月(月1回、日曜日)

【対象】年長児~小学2年生のお子様と保護者とのペア

【募集組数】15組(先着順)

 

【プログラムの流れ】

 10:00     集合・始まりの会

 10:30~12:00 親子でメインの活動

 12:00~13:00 昼食(池田町の食材を使った心と身体に良いお食事を提供します。)

 13:00~14:30 子どもたちはスタッフと探検へ

        保護者の方は子どもと離れて、好きな時間をお過ごしください。

        (保護者向けのプログラムを予定している回もあります。)

 14:30~15:00 終わりの会

 (※タイムスケジュールは目安です。)

 

 

年間のプログラムはこちら↓

 

f:id:treepicnic:20220218173522j:plain

f:id:treepicnic:20220218172749j:plain

 

【年間参加費】

親子ペア 77,000円(税込) 年間10回分

※対象年齢内のお子様1名につき、年間35,000円(税込)で追加で参加可。

※ご家族・親戚2組目は、ペア70,000円(税込)で参加可。

 

付き添い (乳児~4歳児)無料/食事なし。

     (小学3年生以上~大人)年間33,000円/午前のみ体験可。食事あり。

 

 

【よくあるご質問Q&A】はコチラ↓

【Q&A】(3期生募集) - 森で「あそぶ」「まなぶ」「むすぶ」

 

【お申込み方法】

①LINE登録⇩

https://line.me/R/ti/p/@991erxjf


②お申込みフォームに入力→送信

※お申込み完了後、LINEにてメールをお送りいたします。募集組数を超えた場合は、お受けできない旨のメールをお送りいたしますので、その際はご了承ください。

 

 

ツリーピクニックアドベンチャーいけだ 

TEL: 0778-44-7474   /   MAIL:  info@picnic.ikeda-kibou.com